コンテンツ

施術メニュー

CLOSE

再生医療

幹細胞治療がもたらす新たな可能性。
からだの失った機能を蘇らせる最先端医療です。

再生医療
再生医療
再生医療
#

間葉系幹細胞による再生医療

「再生医療において中心的な役割を果たすのが、損傷した組織を修復して、再生させる働きを持つ幹細胞治療です。 幹細胞は様々な組織に存在し、中でも皮下脂肪組織には、
増殖力の高い間葉系幹細胞が豊富に含まれています。
脂肪組織から分離・培養・増殖させた間葉系幹細胞を用いた再生医療は、変形性膝関節症をはじめとした 関節障害や肝障害だけに留まらず、皮膚の損傷や腎疾患、抗炎症による
自己免疫疾患など、今後は対象疾患をさらに広げ、様々な病気への臨床応用が開始されています。

#

Wellness Beauty Clinic
Science Advisor

落谷 孝広 博士Ph.D Takahiro Ochiya

ウェルネスビューティクリニックでは、
マイクロRNAやエクソソーム研究、がん領域において世界をリードしてこられた
東京医科大学教授・落谷孝広博士をサイエンスアドバイザーとしてお迎えし、
先端医療の技術や、再生医療を安心・安全な医療体制で皆様へ広くお届けできるように致します。
標準治療では補える事のできない、がん治療中のサポート・がん予防に至る
皆様のライフスタイルに合わせた健康維持をサポート致します。

  • 略 歴
    • 1987年
      日本学術振興会特別研究員
    • 1988年
      大阪大学大学院医学研究科博士課程修了 医学博士 大阪大学細胞工学センター文部教官助手
    • 1991年
      米国カリフォルニア州ラホヤ癌研究所(現SFバーナム医学研究所)留学
    • 1992年
      国立がんセンター研究所分子腫瘍学部主任研究員
    • 1993年
      同室長
    • 1998年
      国立がんセンター研究所がん転移研究室独立室長
    • 2010年
      国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野分野長(2018年定年退職)
    • 2014年
      日本細胞外小胞学会(JSEV)会長
    • 2018年
      東京医科大学医学総合研究所分子細胞治療研究部門教授
  • 受賞歴
    • 井上財団研究奨励賞(S63)
    • 国立がんセンター 田宮賞(H7)
    • 日経BP技術賞 バイオ医学部門賞(H12)
    • 再生医療学会賞(H15・16)
    • 日本人工臓器学会 オリジナル賞(H18)
    • IFAT 国際学会優秀演題賞(H19)
    • 日本薬物動態学会ベストポスター賞(H22)
    • MNC2012 Award(Outstanding Paper)(H22)
    • 高松宮妃癌研究基金学術賞(R1)

MENU幅広い分野で活用される再生医療

幹細胞治療

幹細胞治療

培養したご自身の幹細胞を注入する先端医療の肌再生。副作用の心配もなく肌機能の根本的回復させます。

線維芽細胞治療 (肌再生)

線維芽細胞治療(肌再生)

幹細胞治療における細胞増殖・活性化による機能回復力に着目し、お肌の再生に特化した再生医療が真皮線維芽細胞治療です。

iNKTがん治療 (免疫細胞療法)

iNKTがん治療(免疫細胞療法)

がんを攻撃する免疫細胞を活性化し、長期にわたるがんに対する免疫記憶を作り、持続的にがんを攻撃できる体制をつくる治療法です。

免疫細胞療法

免疫細胞療法

免疫細胞を患者さんから取り出し、人工的に数を増やしたり効率的にがんを攻撃するようにしてから再び体内へ戻すことで、がんを攻撃する治療法です。

幹細胞培養上清

幹細胞培養上清

美容領域での幹細胞培養上清液療法では、ヒト由来の幹細胞から分泌される培養上清液を使い、肌に注入することで若々しい肌をつくり出します。

PRP 療法

PRP 療法

自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、私たちに本来備わっている「治る力」を高め、治癒を目指す治療法です。

がんの超早期発見

がんの超早期発見

血液中のCTC(循環がん細胞=Circulating Tumor Cell)の数を測定する検査により、早期に一人ひとりにあった治療を行うことができます。

#

培養した幹細胞は将来のために冷凍保存が可能です

幹細胞をもちいる再生医療は、厚生労働省の管理下の元、 その治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制 が厳しく審査されます。 ウェルネスビューティクリニックは、第二種再生医療等提 供計画番号を取得し、厚生労働省に受理された再生医療等 提供計画に基づき、患者様ご自身の幹細胞を用いた再生医 療を行っております。

幹細胞バンク
#

幹細胞治療が行える医療機関は限られています

採取した幹細胞を増殖・培養する「特定細胞加工物製造事業者」である細胞培養センターでは、 幹細胞を-196℃で凍結保存することが可能です。 保管された細胞は、数年後~十数年後、再び肌へ移植することができ、将来の治療に備える ことが可能です。

第二種再生医療等提供計画番号

PB5200027
ヒト自己脂肪組織由来間葉系幹細胞投与による肝障害の治療
PB5200039
⾃家脂肪由来間葉系幹細胞を⽤いた関節痛、変形性関節症治療
PB5200010
⾃家培養真⽪線維芽細胞移植術
PB5200044
自家脂肪由来間葉系幹細胞を用いた動脈硬化症に対する治療

第三種再生医療等提供計画番号

PC5200012
ヒト⾃⼰活性化NK 細胞によるがん免疫細胞療法
PC5200014
ヒト自己活性化αβT 細胞によるがん免疫細胞療法
PC5200013
ヒト自己活性化γδT 細胞によるがん免疫細胞療法
PC5200058
多⾎⼩板⾎漿を⽤いた⽪膚再⽣療法
PC5200067
多⾎⼩板⾎漿を⽤いた⽑髪組織再⽣療法
PC5200056
NKTがんワクチンGC-MO(α-Galactosylceramideパルスヒト⾃家CD14陽性細胞)を⽤いたiNKTがん免疫治療
#

NEWSお知らせ

ご予約ご相談はこちら

0120-487-425

受付時間:全日 10:00〜19:30