コンテンツ

施術メニュー

CLOSE

MENU施術メニュー

  1. HOME
  2. PRP療法
PRP療法

PRP治療

PRP療法とは

PRPとは、Platelet Rich Plasma(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)の略で、体内の止血や血管・細胞を治す働きを持つ血小板を多く含む成分です。
血小板には体の細胞を蘇らせる成分である「成長因子」が多く含まれています。傷んだ組織の創部に血小板が集まり、血液凝固の過程で血小板由来成長因子をはじめとする各種の成長因子を放出し、損傷部の修復が促進されます。
PRP療法では、患者様ご自身の血液を採取し、PRPを高濃度に抽出します。その濃縮されたPRPを損傷した患部に注入して活性化させた自然治癒力により修復させる治療法です。

間葉系幹細胞による再生医療
肌再生

PRP(多血小板血漿)に含まれる主な成長因子

スワイプしてご覧いただけます

成長因子の種類 主な効果
PDGF 血小板由来成長因子 線維芽細胞の増殖を促進、血管新生、組織の修復、コラーゲン産生
EGF 上皮成長因子 肌のターンオーバーを促進、血管新生、創傷治癒
FGF 線維芽細胞増殖因子 コラーゲン・ヒアルロン酸等を産生、血管新生、創傷治癒
VEGF 血管内皮細胞増殖因子 育毛、発毛、血管内皮細胞の増殖、血管新生
TGF-β トランスフォーミング成長因子 上皮細胞・血管内皮の増殖、抗炎症、創傷治療

PRP療法で期待できる効果

○肌のコラーゲンを生成し、表皮の成長などが促されシワを改善
○頭皮では毛母細胞の生成と成長が活発になり、毛周期の成長期を延長
○歯周炎によって破壊された歯周組織および付着組織の再生
○変形性関節症による関節痛の軽減 他

当院のPRP療法

【肌再生】への応用

血小板における、損傷した組織の周辺で多量の成長因子を放出して組織を修復する特性に着目した治療です。
豊富な血小板を含んだ血漿(PRP)を加齢で衰えた皮膚に注射器で注入することで、血小板が肌の組織を修復・再生を促進させる治療法です。ヒアルロン酸注入等の薬剤により物理的にシワを埋めるのではなく、根本的な治療で肌内部からの改善を図るため、仕上がりはとても自然です。

肌再生

【毛髪再生】への応用

血小板が放出する再生因子には、細胞の増殖や組織を活性化する作用があり、それら再生因子が複合的に働くため、毛根に対して「抗アポトーシス」効果があると言われています。抗アポトーシスとは細胞死に対して抵抗することで、抗アポトーシス調整因子が活性化されることにより、毛周期中の毛乳頭細胞の生存期間を延ばします。また、頭皮部分の組織を再生し、発毛不全となっていた毛根に対して育毛を促進させることで、毛髪の再生を促す治療法です。

毛髪再生

治療の流れ

Step 1
診察・血液検査 患者様のお悩みや症状から診断し、検査の内容についてしっかりと詳しく説明いたします。
Step 2
採血 血液を採血します。
Step 3
PRP(血小板)を抽出 採取した血液を、専用の遠心分離機で分離し、PRPを取り出します。
Step 4
治療部位にPRPを注入 お肌や頭皮など治療部位に注射器でPRPを注入します。
Step 5
再検診 PRP療法は時間をかけて肌組織を再生させる治療のため、注入数ヶ月後に再検診をおすすめしています。

注意事項

  • リスク・副作用について
    ・ 稀に注入部分に内出血・周辺部の赤み・腫れ・硬さが現れることがあります。個人差はありますが、2週間程度で落ち着いていきます。
     (皮膚の薄い目の下などはやや長引く可能性有)
  • 以下の方は治療をお受けできません。
    ・ 妊娠中、または妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性
    ・ 心臓病・脳梗塞の既往歴がある方
    ・ 血液を固まりにくくする薬を服用している方
    ・ 肝臓疾患がある方は施術は受けられません。
    ・ 悪性新生物が存在する方
    ・ 未治療の活動性の感染症が存在する患者
    ・ その他医師が不適切と判断した患者

ご予約ご相談はこちら

0120-487-425

受付時間:全日 10:00〜19:30